2015年06月13日

シャープが液晶テレビ亀山ブランド消滅で倒産危機

 あのシャープ電気がどうして。
あの大企業のシャープ二千数億円の赤字を発表。亀山ブランドの液晶テレビで名を轟かせたあのシャープさんでしたが、何故?何時他の企業に逆転されるのか判らないのがこの業界。
韓国、中国の安いテレビに圧倒されて日本の液晶テレビは今や下火になっているのです。
sharp_kameyama[1].png
テレビだけではなくスマートフォーンも安い国に圧倒されそうです。中国にもシャープの営業所を置きそのスマホの液晶で世界に挑戦したと言う。まだ類のない圧倒的な画素数で生き残りの勝負に一丸となって賭けて居ると言います。次々とアイディアを常に持っていなくてはどの企業でも先がなくなり消えてしまうんですね。

然し、シャープの一流頭脳集団だけあって新しい商品を今開発していると言う。省エネ商品、電気を使わず社内を明るくする。窓に液晶パネルを貼って太陽の光を中に取り込む。蛍光灯はつけなくても
太陽の光で窓に貼ったパネルの明るさで充分と言う。

日本の技術者は定年すると大手の企業であろうとも再雇用しないようですね。この技術者はまだまだ働く意欲がありますので、日本で雇ってくれないのならと他国に行ってしまうのです。韓国、中国では日本の技術を喉から手の出る程その当時求めていたのです。


スポンサードリンク










日本の大事な技術がそういう国に流出してしまった事も一因にあるのかも知れません。
生き残りの為にノンビリしていられないのは世の常ですね。シャープのコマーシャルで吉永小百合さんがテレビに出ていたのはついこの間のような気がします。 ”シャープです”と。

東日本の震災以来原発の稼働反対が多くなっています。電力補給の為火力発電も使用しており、地球温暖化、異常気象と日々身体にそれを実感している。化石燃料を使用せずともこの空中に無尽蔵にエネルギーが存在しているとある人が言っております。

でも今の社会では色々と利権が絡んでいるのでそれを発表するにはタブーになっているという。シャープさん 絶対復活をして下さい。新技術で再度躍り出てくることを願っております。頑張って下さいね。


スポンサードリンク











posted by デイトレーダー at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック